自分と仲良く

人と比べてしまうのは当たり前 とはいえ比べない方が幸せになりやすい

 

人と比べるのはやめましょう

 

という話はよくありますが、それはなかなか難しいと感じていた頃があります。自分と他の人や、我が子とお友達など。つい比べてしまった後は罪悪感・・・でもやめられない!そんな頃がありました。

ところが、実は自分と他の人を比べるのは当たり前のことだったのです。

ただ、比べた後が大事。

ここでは

  • 人と比べてしまうのが当たり前ということ
  • うまく人と比べること

について、お伝えしていきたいと思います。

人と比べてしまうのは 実は当たり前

アメリカの社会心理学者 レオン・フェスティンガーの社会的比較理論では、「人は自分と他者を比較して自己評価を得るものだ」とされています。

誰かと自分を比べてしまうのは、ある意味当たり前のこと。

 

とはいえ、むやみやたらと比べて優越感に浸ってみたり、反対に劣等感に苛まれて落ち込んだりし過ぎるのは、あまり良いことではありません。善悪の話ではなく、自分が幸せでなくなってしまうという意味で、です。

人と比べてしまう 心理をうまく利用する

自分と他の人とを比べてしまうのは当たり前のこと。そして、自分より苦しい状況にいる人を見て気分を落ち着かせようとするのも自然な人の心理です。

些細なことで、不幸のどん底まで落ちて立ち直れなくなっていたら大変。それを防いでくれるのが、自分より苦しい状況の人を見て少しでも気分を落ち着かせる心理的な働きなのです。

 

だからといって、延々それをやり続けることは得策ではありません。自分の成長や幸福感を高めるためにも、他者と良い関係を築くにも。

そこで必要なのは、自分がうらやましいと思う人と比べること。正確には、比べるというよりはお手本にする感じです。

自分がうまく行かないときに、うらやましいと思う人を見ると正直イラッとすることもあるかもしれません。本当はうらやましいということに、気付けないこともあるかもしれません。そのイラッが実はチャンスなのです。

人と比べてしまう 裏にある本心

本当はうらやましい誰かを見てイラッとするとき、本当は自分もそうなりたい!」という思いを無意識に抑えつけ、見なかったことにしている場合があります。私には無理と始めから決めつけてしまっているので、「あの人はいいよね」とか「自慢かよ」という風にイラッとしてしまうという仕組み。つまり、嫉妬ですね。

 

ドラえもんの のび太君がスネ夫から自慢されたとき、「ふんっ!そんなの全然うらやましくないや~!!何だよ自慢しちゃってさぁ(怒)」と言いながら家に帰り、「ドラえもーーーん!!うらやましいよぉ(泣)」という定番のシーン。まさにあれです。伝わるでしょうか・・・

外ではうらやましいという気持ちを見せたくなくて怒りに変えるのび太君ですが、家に帰って信頼するドラえもんの顔を見た瞬間、本心を見せるということ。

私たちの家にドラえもんがいなくても、ドラえもんの代わりに自分で自分の本心をキャッチしてあげることはできます。

 

そのためには、

  • その人のどこにイラッとしたのか?
  • 本当は自分も手に入れたいものは何か?

を考えることです。自分にできるかできないかは一旦置いて置いておくのがポイントです。

頭の中だけで考えていると、イライラが勝って考えが進まないこともあるので、是非書きながら考えてみて欲しいと思います。

 

これを習慣化してから、誰かの言動に対して「え?自慢?」とイラっとしたりモヤッとしたりすることがほぼ無くなりました。それどころか、「え、自慢?」と思うことがありません。今一瞬胸がザワついたのはなぜ?とすぐさま考えられるようになったからです。

心がモヤモヤする原因と 心理療法でもあるオススメの対処法心のモヤモヤの原因と解消法。...

人と比べてしまうのは 何も悪いことではない

ここまで、

  • 人と比べてしまうのは当たり前の心理
  • 人と比べてしまう心理をうまく利用すること
  • 人と比べてしまうときの本心

についてお伝えしてきました。

この話が、人と比べてしまう心理をうまく利用するきっかけになれば、嬉しく思います。

 

人と比べてしまうことは良くないという話は、よく見聞きします。実際に、人と比べてしまうことが多い人の幸福度は低いともいわれています。

だからと言って、力業で比べないようにしようとすると、いつかの私のようにうまく行かず罪悪感に苛まれる可能性があります。

 

それよりも、人と比べてしまう心理をうまく利用し、自分の幸福感を上げるヒントにすることをおススメしたいのです。

ABOUT ME
あいくま
自分と仲良く幸せに生きる術を追究する2児の母。 自分のことが嫌いすぎた頃、自分と喧嘩しては「消えたい」と思っていました。その後、セルフコーチング・身体心理学・脳科学などを学び、自分と仲良く幸せに。 現在、自分と仲良くなる術・心のスイッチを切り替える方法を発信・伝授しています。 →詳しいプロフィールを読む