自分と仲良く

自分に自信が持てないあなたへ 信じるために必要なこと

自分に自信が持てないのが苦しい―

そんなあなたへ向けて、自分に自信を持つヒントをお届けします。

「自分に自信が持てない」とは?

「自分に自信が持てない」という言葉は時々見聞きしますし、私も長年思っていました。

ところでその「自信」とは何でしょうか。場合によっては、特定の物事に自信がないという意味かもしれません。何かの能力や特性に対するものかもしれません。仕事の速さや正確さに自信があるとか、見た目の美しさに自信があるとか。

 

それに対して、自分に対する自信というのはかなり漠然としています。

 

自分に自信が持てない経験者の立場から、またそういう人の話を聴く限り、「自分に自信が持てない」というのは自己肯定感が下がっている状態だと感じます。

ここでは、特定の物事に対する自信ではなく、自分の存在に自信がない≑自己肯定感が下がっていることに対して話を続けていきますね。

自分に自信が持てない理由

人はよく知らないものへ恐怖や嫌悪感を抱きがち。それは身を守るための本能です。人が元々怖い物知らずで何でもウェルカム状態だったら、あっという間に命を落してしまいますからね。例えばよく知らない場所に丸腰で飛び込んだり、よく知らない生き物に突然触れたりしたら・・・・・・

だから、よく知らないものに対しては恐怖心や嫌悪感を抱いて当たり前なのです。

 

それは、対自分でも同じこと。自分に自信がもてないことで悩んでいるのなら、まずは自分と向き合い知っていくことが重要。

 

あなたはどれくらい自分のことを知っていますか?誰かが言う自分ではなく、本当に自分で思う自分やその本心を知るというのがポイントです。

自分の性格を変えたい!今の自分をつくっているものと 変えために やるべきこと自分の性格を変えたいと思ったときに、知るべきこと・変えるべきもの。...

自分に自信が持てないなら 内側から整えることが必要

自分に自信がないときにやりがちのが、むやみやたらと資格を取ろうとしたり、勉強しようとしたりすること。もちろんそれが悪いとか、完全に必要のないものということではありません。ただ、いくら資格を取ったり知識で武装しても自分に自信がつかず、延々それらを追うことになる可能性も高いのです。

 

かつて私は、自分に自信がなくて誇れる趣味を見つけようとしたり転職を考えたりした時期がありました。ところが、それを実行に移してもまったく楽しくないし、上手く行かないし、結果的に更に自信がなくなるという悪循環に見事に陥っていました。

子どもには「条件付きの愛ではなく無条件の愛を」と言われることがありますが、それは自分に対しても同じです。何かができたから自分が好きとかスゴイとかではなく、特に何もなくても自分を大切にすること。それが、揺るぎない自信に繋がっていきます。

 

根拠のない自信ほど強いものはないと言われています。

文字どおり 自分を信じて向き合い続ける

結局、自信をつけるにはどうしたらいいのかというと、文字どおり自分を信じて向き合い続けることだと私は思います。向き合っていくことで信じられるようになるとも言えます。

よく知らない自分を好きになることも、信じることも難しい。これは他人に置き換えればわかりやすいですね。誰だかよくわからない人を突然好きになって信じることは難しいですよね。同じよう、まずは自分のことを知ることが、自分に自信をつける第一歩なのです。

ABOUT ME
あいくま
自分と仲良く幸せに生きる術を追究する2児の母。 自分のことが嫌いすぎた頃、自分と喧嘩しては「消えたい」と思っていました。その後、セルフコーチング・身体心理学・脳科学などを学び、自分と仲良く幸せに。 現在、自分と仲良くなる術・心のスイッチを切り替える方法を発信・伝授しています。 →詳しいプロフィールを読む