【楽しく幸せに生きたい】日々全力で意識した方がいいこと②

毎日もっと楽しく生きたい!

 

もっと幸せに生きたい!

 

と少しでも思う人へ、そのコツ2つめをお話したいと思います。

 

1つめのコツはこちら

【楽しく幸せに生きたい】日々全力で意識した方がいいこと①

楽しく幸せに生きるために 絶対やらない方がいいこと

結論からいうと、楽しく幸せに生きるために絶対やらない方がいいことは、自分を責めることです。

 

あなたは毎日毎瞬、自分に悪口を言っていませんか?いつかの私はバリバリ言いまくっていましたね。

 

自分に悪口を言い続けるとどうなるでしょうか。例えば親御さんや旦那さん、職場の人から何かにつけていちい文句や悪口を言われるところを想像するとわかりやすいかもしれません。それを自分でやっているということです、自分を責めるということは。同じどころか、むしろ他者から言われるよりも強烈なのです。

 

それはなぜか?次の項目でお話していきますね。

自分との会話

人は毎日、自分の頭の中で独り言を言ったり自分と会話をしています。そのほとんどが無意識ですが、1日に何万回もしているのです。呼吸レベルですね。これをセルフトークと言います。

 

この1日に何万回もしているセルフトークで、自分の悪口を言っていたら…なんとも恐ろしいですね。呼吸をするたびに自分の悪口が聞こえてくると想像しただけで気が狂いそうですが、過去の私を含めこれをしてしまっている人は少なくないようです。それは言ってみれば、自分に嫌なイメージを刷り込み続けているということ。

 

私は美しくないから、優しくないから、性格悪いから、何もできないから…そんな洗脳をしていませんか?事実だと思い込んでいませんか?例え誰か1人とか数人にそう言われたことがあったとしても、それはその人の意見。事実とは限りません。人は1人1人色々なフィルターを通して世界や他者を見ているので、絶対なんていうことはないのです。

 

ただ、自分で自分に悪口を言い嫌なイメージをし続ける限り、本当にそうなっていきます。反対に言えば、自分で自分に望むイメージを洗脳していくこともできるということ。人は自分が強くイメージした通りの自分になっていくことは、アメリカの心理学者ミラー・ジョージ氏によって明かされています。

 

あなたはどんな自分でいたいですか?なりたくない自分の姿で自分を洗脳していませんか?これを見直してみることは、快適に生きるために欠かせないことのひとつです。

 

私の場合は、非社交的で人見知りで人から嫌われやすいという散々な言葉を自分にかけ続け、本当にそんな感じで生きていた時期がありました。そこから負のセルフトークの恐ろしさを知り、少しずつ変えていった結果、いつの間にか人見知りを克服していました。そこを克服しようと努力したわけではありませんが、快適に生きたくて試行錯誤した結果という感じです。

謎のモヤモヤにさせないために

セルフトークは普段は無意識です。呼吸するたびにすべてハッキリ意識していたら、頭の中大忙しですからね。ただ、その無意識をキャッチできるようになることもまた重要なのです。毎瞬キャッチし続けるまではいかなくても、ここぞというときにキャッチできるようにすること。それは自分を知り快適に生きるための大きなポイントとなります。

 

なんかモヤモヤするな~ということがよくある人は特に、やってみてほしいことがあります。

 

それは、キャッチしたセルフトークを書き出すことです。

 

なぜかと言うと、呼吸レベルのセルフトークは、あっという間に流れて消えていくからです。これは当たり前のことで良いでも悪いでもありませんが、大事なところを忘れていくと謎のモヤモヤになりがち。そのモヤモヤを突き止めて解消するための一歩として、セルフトークをキャッチして書いておくことが重要なのです。

 

普段無意識のことなのではじめは難しいかもしれませんが、是非試してみてほしいと思います。