自分と仲良く

心がモヤモヤする原因と 心理療法でもあるオススメの対処法

なんだか心がモヤモヤする・・・そんなことが多いあなたへ。その大きな原因の1つと、対処法をお届けします。心理療法でも使われていて私も効果を実感しているオススメのものです。.

心がモヤモヤする 大きな原因

モヤモヤの原因や正体は人それぞれ。時と場合によっても色々あります。その中でよくあるものの1つが、未消化物が溜まっている状態

 

これは心も身体も同じで、身体で言えば食べ過ぎたり胃腸の調子が良くなかったりすれば、消化が進まず胃がもたれたりすることに。

心も同じで、自分で処理しきれていない感情や思考、未完了のタスクなどがモヤモヤの原因になっていることがあります。モヤモヤを感情で言うと、不安や悲しみ、焦りや燻った怒りなどですね。

心がモヤモヤするときの対処法

消化しきれない感情や思考への対処法は、シンプルに出すことと入れすぎないことです。これも身体で想像するとわかりやすいですね。便秘になったり食べ過ぎたりすれば、胃腸の調子を崩しがちになり、不快な症状が出ます。

私はこれからご紹介するモヤモヤ対策でスッキリしやすくなりました。なんだか常にモヤモヤしていたような状態から、モヤッとしたときは割とすぐにその正体をつかんだり解消できるようになってきました。オススメの方法なので、モヤモヤしがちで困っている人には是非試してみてほしいと思います。

心がモヤモヤするときの対処法1 出す

心がモヤモヤするときの対象法1つめは、出すこと。具体的には、紙に書くことです。書き出すことで心に溜まったモヤモヤを外に出すことで未消化物が減っていきます。

ネガティブな出来事や思考・感情は見たくない人も多いかもしれません。ところが、自分の中のネガティブなものを見ないようにすればするほど、かえってそのことが頭の片隅から離れなくなるのです。敢えて直視し書き出すことでそれを回避できます。

嫌な物事を見ないように努力するほど頭から離れなくなることを皮肉過程理論と言います。1987年にアメリカの心理学者 ダニエル・ウェグナー博士が唱えたものです。

 

更に、つらい出来事に伴う感情などは書き出すことで楽になっていくことがわかっています。これは「筆記開示」や「エクスプレッシブライティング」と呼ばれていて、1980年代に生まれたして心理療法です。

 

書くときのこのときのコツは、

  1. 誰にも見せない前提で正直に書くこと
  2. どんな感情や思考が出てきても自分を否定しないこと

です。

 

どんな感情や思考にも善悪はありません。あるとしたら誰かがそう言っていたとか、思い込みとか、それだけのこと。ネガティブは良くないという風潮もありますが、実はそんなことはありません。

例えば子どもの頃に、「泣くな!」と言われたり、怒るのはダメだと言われたり。それはその人たちの都合や価値観であって、ネガティブな感情自体は悪いものではありません。

 

ただ、それを時と場合と場所を考えずにまき散らすのは少々問題になることも。それは想像すればわかりますね。そうならないためにも、モヤモヤが大きくなってあふれ出す前に、自分で書いて出してみるのがおススメです。

私のノートには、もはや言葉ではないような心の叫びや、冷静にあれこれ思考したことなど何でも書いています。それをすることで、客観的に自分を見ることができるようになっていきます。もう嫌だ!ダメだ!!と感じていたようなことも、書き出してみたら大したことなく思えることも多々あります。

イライラと自己嫌悪 の 苦しいループから抜け出すイライラと自己嫌悪の苦しいループの原因と対策。...

心がモヤモヤするときの対処法2 入れすぎない

モヤモヤ解消法の2つめとして、入れすぎないことも重要です。

これも身体に置き換えて想像してみると、わかりやすいかと思います。食べ過ぎればお腹を壊すことがありますね。心も同じで、必要以上の情報を取り込むことで消化が追い付かなくなり、モヤモヤとして溜まっていきます。出すことと並行して入れすぎないことも重要なのです。

具体的には、例えば私たちにとって一番身近に情報があふれているスマホ。24時間簡単に数多の情報に触れることができるので、意識的に制御することも必要です。

ずっと何かしらの情報を取り込み続けると、脳は休む間もなく働き続けることになります。するとだんだん疲れ、情報の取捨選択や整理もしづらくなっていくことに。モヤモヤの原因になりがちなのです。

これを意識するようになってから、心(脳)のスッキリ感が増したのを感じています。自分にとって本当に必要なだけ取り入れ、あとはシャットアウト。これは情報過多と言われる時代に、とても重要なことだと感じています。

 

モヤモヤがなかなか解消されない人は、是非この「出す」ことと「入れすぎない」ことを意識してみて欲しいと思います。

心がモヤモヤするのなら「今すぐやってみる」

ここまで

  • 心がモヤモヤする原因は未消化物
  • 心がモヤモヤするときは出す(書く)と良い
  • 心がモヤモヤするときは入れすぎないことも大事

ということをお伝えしてきました。

 

ここまで読んで「へえ、そうなんだ。」と、もし思ってもらえたら、是非今すぐ実行してみて欲しいと思います。ひとまず今モヤモヤしていることがあれば、何でも良いので紙に書くこと。思っていることをひたすら書き出してみる、ただそれだけです。

なぜ今すぐやって欲しいかというと、ただ情報として取り入れただけだと、入れただけで出せずに未消化物が溜まるからです。この記事でお伝えしてきた内容そのもですね。

 

心がモヤモヤする状態を脱したいと思ったら、是非気軽にやってみて欲しいと思います。

ABOUT ME
あいくま
自分と仲良く幸せに生きる術を追究する2児の母。 自分のことが嫌いすぎた頃、自分と喧嘩しては「消えたい」と思っていました。その後、セルフコーチング・身体心理学・脳科学などを学び、自分と仲良く幸せに。 現在、自分と仲良くなる術・心のスイッチを切り替える方法を発信・伝授しています。 →詳しいプロフィールを読む